商品ページ

※ 大画像をクリックで拡大表示。

ゆるゆる Vol.7 冬月号

子どもを取り巻く社会を考えるほん

著者: 小林直日、丸山奈々子、小川原洋美、藤原有紀

出版社名: ななほしてんとう舎

在庫:

本体価格: 600 円 (税込 648 円)

数量:
シェアする

商品紹介

近頃の子どもを取り巻く社会には「おかしい!」と思うことがたくさんあります。食べ物のこと、教育のこと、医療のこと、環境のこと、メディアのこと・・・などなど、専門家にお話をうかがい、様々な疑問を皆さまとともに考えるほん「ゆるゆる」を発行しています。

================================

=レコメンド=
関西の方々(4人のスタッフ:ななほしてんとう舎さん)からのすてきな冊子が届きました。題名が誠に「ほっ」とします。
『ゆるゆる』=オイリュトミーで表現したくなるようなすてきな響きのご本です。(「せかせか」「きちきち」「そっこく」「きっかり」「かっちり」「てきぱき」これは楽しい子音の並び)…ばかり。少し息苦しくもあり、何となく私のような者には住みにくい社会です。
しかし冊子は7冊目を迎える、歴史のあるご本なのです。サブタイトル―子どもを取り巻く社会を考える本―とあります。私も、こども達が出会う世界は、何か固く変え難く、ついつい批判の目差しで見つめてしまいがちですが、反面、なげくのではなくそこにどう向き合うのか、外からの環境が厳しければなおさら、向き合う私たち大人の自由な在り方が大切な気がします。
さあ、「ゆるゆる」と、おとなの知恵が生まれます様に、今号の特集は「食(たべる)を考える」であります。ゆっくりお召し上がりください。
表紙は、東日本大震災後の東北の塩害で苦しむ農家を陰から支える用紙「東北コットン紙」を使ってくださっています。東北のご支援感謝致します。
http://www.tohokucotton.com/
                    精巧堂出版 越中 奉

登録情報

版型:148×210mm 52頁
発行日:2014年11月
ISBN:978-4-904082-26-3

目次

《特集》食を考える

インタビュー
 「食べることは生きること」
    大阪青山大学准教授 山本信子
「おむすび」と「おにぎり」
パンから見える社会
レポート 大森一慧さん講演会&料理講習会
ゆるゆるレシピ
ゆるゆるアンケート

《連載》
とんちゃんの開墾日記
 冨田浩重
人は如何にして珈琲屋になるのか
 京嶋可己悠
地域の中で生きる子どもたちに残せること
 やまだひさし
ゆかいつうかい見る観る記
 よしだようこ
消費社会とこども
まいにちの暮らしの中で
シネマの部屋
ゆるゆる本棚

次号予告・編集後記

配送料金(送料) ※商品代金とは別に、送料が加算されます。

クロネコDM便(全国一律) 216円(税込)/1口(3冊まで)
※3冊まで同封梱包を承ります。

まとめ買い注文の際、注文個数や注文商品の組み合わせによっては、
決済された送料と実際かかった送料に誤差が発生してしまう場合がございます。
その際にはご不便をおかけしますが、あらかじめご了承ください。

※クロネコDM便での発送の為、2〜4日程お届けにお時間を要します。
※大口でのご注文の場合は、ご相談ください。