商品ページ

※ 大画像をクリックで拡大表示。

フクシマからの風 第一章 喪失あるいは螢

ドキュメンタリー映画 加藤 鉄 監督作品

出版社名: 東風舎

在庫:

本体価格: 2,857 円 (税込 3,086 円)

数量:
シェアする

商品紹介

 この映画に登場する人びとは、高汚染地域とされた福島県飯舘村と川内村で、農を営み、地道に自らの役割を生きています。みなそれぞれ自然との関わり方、いのちへの接し方で私たちに何かを告げているようです。
 山菜と薬草の研究をしている現代の仙人は、山の生きものたちと共生しています。ドブロクづくりの名人は、妻を亡くしながらもモリアオガエルの卵のふ化を待っています。獏原人村の住人は、山奥で鶏を飼いながら理想郷づくりを目指し、放射線量を測り続け、「満月祭」を催しています。飯舘村で地球の鏡のような田んぼを見ている女性は、木々を包み込む蛍の夏を待っています。
 動物や虫たちや草木などと共にいのちを繋げ、当たり前に日々を暮らしている人たちが登場するこの作品は、3.11 以後の人生の静かなドラマを親しみを込めて記録したものです。


=============================================
 この作品は、よくあるTVドキュメンタリーとはかなり異質な作品です。
 勿論、福島原発の事故をきっかけに作られた作品ではあるのですが、その問題を追及するとか、また声高に反原発を叫ぶものでもありません。そうしたものをも広く包み込む、豊かな人間的な世界を描いたものです。
 ですから、性急にメッセージやテーマは何かと、狭く意味を求めるのではなく、この作品のゆるやかな時間、自然の生命の声と人間味あふれる世界に、ゆっくりと身をゆだねる様にして観ていただきたいと思います。
 今回、主に撮らしてもらった4人の方たちは、その最初の出会いから終わりまで、一度も涙を見せたことのない人たちでした。他人の想像もできないような苦境の只中に居ながら、悲嘆に沈むことなく、淡々と、時には笑顔さえ浮かべて、いろいろな事を話してくれました。  私が何よりこの人たちに惹かれたのは、大地に生きる底力を、自然に包まれた生命力というものを、さりげなく見せてくれたからかもしれません。この人たちの輝き、しなやかな強さ、優しさはどこから来るのでしょう。  今では、この人たちこそ、暗闇の中で光る蛍なのだと思うのです。
                       監督 加藤 鉄 巻頭言より

登録情報

ジャンル:ドキュメンタリー
製作年:2011年
製作国:日本
収録時間:100分

配送料金(送料) ※商品代金とは別に、送料が加算されます。

クロネコDM便(全国一律) 216円(税込)/1口(3冊まで)
※3冊まで同封梱包を承ります。

まとめ買い注文の際、注文個数や注文商品の組み合わせによっては、
決済された送料と実際かかった送料に誤差が発生してしまう場合がございます。
その際にはご不便をおかけしますが、あらかじめご了承ください。

※クロネコDM便での発送の為、2〜4日程お届けにお時間を要します。
※大口でのご注文の場合は、ご相談ください。